小旅行!

私は母の影響で、陶器、焼き物がすきです。
子供のころは、母がお嫁になったときから使っている食器や壷は地味であんまり好きじゃなかったのに、大人になったらいいなーって思うようになったんです。
姉も、日本の手仕事の食器や食に関するお仕事をしているけど、それも母の影響なのかなぁ。
毎年、いろんな窯に行って陶器を買ってはお店でお茶を出すときに使っています
先日母から、柳宗理展が松江県立美術館であるみたいだけん行ってみよ!と誘われて松江に行ったのに。
なんとやってないまたいつもの母の勘違い・・・
受付の人に、もしかしたら出西窯でやってるという情報をもらってきたので、じゃあ出西窯に行こうということに
その前に、美術館の近くお気に入りの梅干屋さんで、梅干を買って道中梅干を食べながら・・・
出西窯に到着
やっぱり二階でやってました食器やお玉など買って、奥の喫茶室でコーヒーをいただく。
帰ろうと、併設されている工房横を通ったら職人さんが見学していいよって言ってくれたので、初めて工房に入らせてもらいました
建物左に奥に進むと、職人さん一人一人の専用ろくろが8・9箇所くらい。それぞれのろくろでは違う商品がつくられていました。
その中に、小さな職人さん発見
特等席だよ
なでなでしても全然起きません^^
横長の建物の右側には大きな焼き窯と、その奥には長い立派な登り窯
職人さんたちがひとつひとつ丁寧に作った器の原型が、登り窯で焼かれるのを待っています。
窯に入るのを待っている器たち 神棚に守られて奥に続く登り窯
登り窯の建物はほこりっぽい、重たい感じの空気が漂っていて、目に見えない迫力がすごかったです
窯の土が削れてたり、黒く焼けた窯の中に長い歴史を感じれたし、裏側が見れてうれしかったー!!!
また見にいこ
その後、通称”木綿街道”といわれる平田の町に寄って、醤油屋さんや来間屋生姜糖さんに行ってから米子に帰りました。
そのときのお土産、生姜糖・抹茶糖をお出ししています
今回は初めと行き先が変わったけど、すごく充実した小旅行だったな
今度は鳥取方面の窯に行こう

2012-05-21 | Posted in 日々のこと日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment