三朝温泉レポート☆

倉吉方面に用事があったので、せっかくなので温泉に入ろうと三朝温泉街をぶらぶらしてきました。
やっぱりいつ行っても、あの温泉街は独特の雰囲気で、ノスタルジック~な感じ[emoji:i-186]
ラッキーなことに、観光センターのとこに車を停めれたのでメインストリート(温泉本通り)を歩きました。
がしかし[emoji:i-196]肝心の、タオルを持ってくるのを忘れて足湯だけにすることに。
ぶらぶらするといっても、なんだか前に来た時よりお店も少ないし、見どころがわからない
まずはあの有名な理容室も通り過ぎて[emoji:v-333]・・・
これまた独特な毒のある遊技場を横目で流して[emoji:e-296]・・・
左側に駄菓子屋さんらしきお店[emoji:i-190]
だけど古い木枠のガラスの玄関に、「ちょっとそこまで出かけます。30分くらい」と貼紙が
あとで寄ってみよーとさらにテクテク。
私の好きそうな和紙とかのあるお店で、いつ使うか分からん和紙を二枚と、母にお土産をと備長炭を古布で包んだ脱臭袋を購入[emoji:i-229]
三朝に来たからには意地でも何か買って帰る!と半分意識がないままに買ってました[emoji:e-260]
それからはもうお目当ての足湯「薬師の湯」へ
そこまでは150メートルくらいしかないんですけどね。
ちょうど、泊まりらしき浴衣を着た三人の娘さん達が足湯に浸かっていました。
キャピキャピ楽しそう[emoji:v-441]
お湯は丁度よくて、15分くらい入ったら体中ぽかぽか~[emoji:v-48]
スーツを着た人がペットボトルにお湯を入れて飲んでたので、私も飲んでみました。
ほとんどにおいもなくて、飲みやすかったです。
その人は常連らしく、ここのが一番おいしいんだと言っていました。そして、三朝温泉のお湯はがんをも治す力があるんだよと お湯をタンクに汲みに来る人も多いとの事。
湯治の湯ということはなんとなく知っていたけど、皆さん知ってましたか?
確かに岡山大学病院があるし、なんと植木等さんも生前何十年も通って湯治をされてたということです。
資料を見たら、37年間の統計によると、三朝温泉地区の住民のがんによる死亡率は全国平均の1/2なんだそう。
お湯に含まれているラドンの微量の放射線が細胞を活性化して、体の免疫力や自然治癒力を高める「ホルミシス効果」というもの。
さらにラドンを吸うと、抗酸化機能が高まり体内から活性酸素を消去する物質の働きが高まって動脈硬化の予防に期待できると。若返りですね[emoji:e-349]
今度は温泉グッズを持って、体ごと入ろうと心に決めました。
三朝温泉の効能 マップ
 
     三朝温泉のホームページ
 
さて、温まったところで帰り道あの駄菓子屋さん目指してテクテク・・・
相変わらず電気もついてなくてガラーンとしてる
貼紙をみたら、「休憩します」・・・?
・・・おいおいっー
店はいつやってんだよー[emoji:e-282] りちぎに紙を貼り替えてるところはかわいいなと思ったけど。残念でした[emoji:i-227][emoji:i-177] 
気を取り直して車の方へ。
角っこにある陣所の館という資料館に入って、そこのおじいさんと立ち話。
温泉本通りで古くからある祭りの目玉「陣所」というかずらで編まれた大綱引きを展示してありました。
通りの西と東に分かれて、一本が80mもある綱をあの通りがいっぱいになるほどの人で引いて、東が勝ったら豊作、西が勝ったら商売繁盛という行事。去年、国の重要無形民族文化財に指定されたほどのものなんだそう。
全然知らなかったなー。
余談で、先月鳥取県と韓国の友好なんとかで、韓国の有名な俳優がドラマか映画の撮影に三朝に来たそう。
砂丘とか境港?大山もロケ地に選ばれた映画が出来るんだってー。
おじいさんたくさん話してくれてありがとう!
陣所のジオラマ
薄暗くなった階段を降りて、河原風呂の足湯へ急いではしご。
竹のついたての奥にはおじさんたちがでろーんと座って温泉に入ってましたが、勇気を出してその手前にある足湯へgo!
お湯加減もちょっと熱めで三朝橋と河原を眺めながら気持ちよかったー!
でも後ろを見ないように視界は180度まで
10分くらい浸かって体ポッカポカー[emoji:i-228]
暗くなったので米子へ帰ろ
ちょっとだけまた鳥取県のいいとこを知れた、ぶらりひとり旅でした[emoji:i-185]
河原風呂 足湯から眺める三朝橋

2010-09-30 | Posted in 日々のこと日記No Comments » 

関連記事

Comment





Comment