今回の、バリ修行の目的

今年は6月に、18日間の修行に行ってきました。
今回の目的は、更なるマッサージの習得、バリダンスの習得(二曲)、クチンプティで使う物の仕入れ
そしてもうひとつ、踊りで使うグルンガン(冠)を作ること!
そのグルンガンは、バリ舞踊の代表的な古典舞踊「レゴンラッサム」の中の登場人物”チョンドン”という、女官頭が被って踊るものです。
グルンガン自体は、前に作ってそれを使っていたのですが、そのグルンガンに付いているポニーテールが、人口毛なのか、とってももしゃもしゃのぎしぎしなので、それを自分の髪の毛で作ろう!とグルンガンを作る前のかれこれ6年前に思いついて以来、ずーーっと髪を伸ばしていたのです。
多い、太い、くせ毛!のすべてを合わせ持った私の髪の毛は、ほんとうに大変!
縮毛矯正をかけては傷み、傷んだところを切りながらし、6年かけてお尻の上まで伸ばしました!
もう重たくて重たくて、途中で何回も切ってしまおうかと心が揺らいだり、気分転換でパーマをかけたり・・・
いよいよ今年は、6年間のいろんな思いが詰まった髪の毛をグルンガンに付けてもらおう!と決心して、バリ行きの二週間前にお友達の美容師さんと綿密な打ち合わせをした上、切ってもらいました。
切る前からグルンガンが完成するまでをご覧ください!
こんなに長かったのです! いすに座っていよいよです 四つに分けて結んでおきます
ざっくりと切った毛束にほぉー。 はいっ!完成
バリにていよいよ付け替えです!
毛束の長さを確認。 弓に張られた糸に、短めの束の中から50本くらいずつ毛を取って糸で結んでいきます。 ベテランの技でシャッと。
あっという間に長い束も結び終えました! 髪の毛のカーテンを弓から外します スタートの方の、短い毛の端っこからくるくると丸めていきます
まとめられた毛束を、いよいよグルンガンに付けます! 付ける位置を確認して 根元をさらにしっかりと、たこ糸で縛っていきます。
革の間にはさんで、ぐさぐさ縫いこんで、出来上がりです!!
40分くらいで、あっという間に完成です♪
完成したグルンガンの全貌の写真を取り忘れてしまいましたが、ほんっとうにしっくりなじんで、自分で言うのもなんですが、すごーくキレイで何回も被ったり眺めたり、人に見せたりしました。
ちょーうれしいです!
早くみんなに見てもらいたいな♪

2011-07-28 | Posted in バリダンス講座No Comments » 

関連記事

Comment





Comment