心が洗われた日

15日、朝早くにチョースッキリ起きれました。
天気もよかったし、体と心がとっても軽くてこの日は日中の予約がなかったので、よしっ!リフレッシュdayにしよう
と思い立って以前にこのブログにも書いた、踊りのときに使う冠を美保神社でお祓いしてもらいに行きました。
持っている冠を全部持って神殿に着いたら、すでに一家族がお祓い中で巫女さんが舞っておりました
宮司さんに、この冠と私をお祓いしてもらいたいのですが・・・
と申し出たはいいけど、冠を持っていく人はあまりないようなので、宮司さんも困惑気味
こんなこんなでこんなことにしていただきたいと伝えて、考えてくださったのが
”除厄開運””神恩感謝”
厄を除いて運を開く。神さまの恩恵に感謝する。という意味だと解釈しました
お初穂料を納めてから神殿に入り机の前に座ると、奥の神棚に私の冠が置かれ、神主さんが祝詞をあげ始めました。
そしたら、両手だけがすんごく熱くなってきて悲しくないのに涙が出てきたんです?
それは気のせいかもしれないけど、ずっとこの冠のことや厄除けのことが気になってたから、その胸のつかえが浄化されたのかなーと思ったのです
巫女さんの舞いが近くで見れたし、最後にはお札とお守りとお米をいただいて(ご飯を炊くときに一緒に入れて食べます)
すっごく気持ちがすがすがしくって、ますますやる気が出てました。
冠もお祓いしてもらって、私もすっきり気持ちを新たにがんばります
この日の探訪はもうちょっと続きました。
次回UPします
神殿 お札とお守りと御洗米 清められた冠

2011-09-19 | Posted in バリダンス講座No Comments » 

関連記事

Comment





Comment